読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Moon River あちこち行ってみたい

家族で国内・海外旅行。うきうきの準備から現地での様子まで。

台北8 ★故宮博物館 2

 

 故宮晶華、また行きたいわぁ~

 

レストラン「故宮晶華」には、展示物に似せて作った料理がある。

で、白菜見られなかったし、とその白菜をたのんでみた。来たきた……と思ったら、えっ、小っちゃ! れんげのようなものに載ってくるんだけど、小さいのよ。白菜っていうからもっと大きいのを予想してたんだけど、10cmくらい? で220元。味は良かったです。「白菜のスープ煮 ホタテ風味」とあるんだけど(メニューに日本も書いてある)、ほんとに美味しい。

実物の写真撮るの忘れちゃったので、メニューを写真撮ってきましたわ。

 

f:id:y-wai1030:20160729183546j:plain

 

それよりも私が美味しいと思ったのはチャーハン。「故宮香炒飯」というので、上にかかったホタテの乾物もおいしいし、味自体がわりと薄味?なのに、旨味がきいてておいしい。380元です。

f:id:y-wai1030:20160729183655j:plain

 

海鮮湯麺(380元)もおいしかったし、麻婆豆腐もいけました。ところで、この湯麺がはいっている器、これはたしか展示物にあったもの。こんなところにも! もっとほかにも見つけたような気がしたのに、残念ながら忘れてしまった……。

f:id:y-wai1030:20160729183824j:plain

 

あ、そうそう、デザートでたのんだ「杏片鮮蝦捲」(エビ、パイナップル入り揚げ春巻き、スライスアーモンド付き)3つで150元、も濃厚で美味しかったです。濃厚なんだけど、なんというか、ここの料理は上品なのよね。ギトギトしてなくて、とても食べやすいんだよ。

f:id:y-wai1030:20160729183908j:plain

 

夫と息子は私がレストランで会計している間にトイレに。ここで、トイレに行かなかったことをあとで少し後悔する私でした。

 

 トイレ考

 

さて、もう一度博物館に戻る。

3階は見たから、次は2階と1階……う、うえ~~っ、すごい人!!

午後になると、さらに団体客が……!

この時点で帰りたくなったんだけど、まだ見るというので、仕方なく入った。でも、書や宗教画?などが多くて、あまり息子の興味をひかなかったらしい。

ところで、そこに戻ってすぐに、私はトイレに行きたくなった。この建物は古いので、紙は流せずにゴミ箱に捨てるのは覚悟の上、1階のトイレに入ったんだけど……え、え、え、え? どうしたら、ここまで汚せるの?というくらい汚れていた。もう、ショックでした。

大陸からの団体客の中には、あの便器に座って用をたすということを知らなくて、またがって、しかも便器の上にのって用を足してしまうらしい。おかげで、台北では、便座が割れる被害があちこちででているそうだ。引率する旅行業社の方々、文化の違いをちゃんとお客さんに伝えましょうね。

 

でも、やっぱり我慢できそうにないので、2階のトイレに。ここは大丈夫そうに、とほっ。一応、100均で買っておいた「水に流せるウエットティシュー」(流さないで、ゴミ箱に捨てたけど)で便座を拭いてから使用したけど。

 

なんだか疲れてきたので、出ることにした。その前に土産売り場に行こうと。

美術館や博物館のお土産売り場って、なんとなく好き。ここも人であふれてたけど。展示物に関連するものがたくさんあって、なんか気に入った展示物があれば買ってもいいかなぁ、と思えるものが売られていた。思い入れのある展示物は特になかったんだけど、ちょっといいかな、と思えるチョコレートの詰め合わせを買ってきた。(実家に持って行った)

そうそう、面白いDVDがありましたよ。

それを流しているのを見て、ほおお~っと。故宮博物館を舞台にしたアニメ。子供用だと思うんだけど、展示物が動いて、ちょっと冒険モノ風……そう、あの映画「ナイトミュージアム」の故宮博物館バージョン?!って感じの(中国語でしゃべってるので、細かいことはわからない)ストーリーなの。

思わず、「買って帰って見ようか」と夫と話してたら、息子に「はぁっ?! いらないでしょ」と一刀両断されてあきらめました。

あと、白菜のストラップを一つ。なんとなく買ったのでした。(買おうと言ったのは息子なのだけれども)

 

 

さて、いくらなんでも疲れたし、 やたら混んでるし、ここを出ようということになった。

外を見ると、また雨が降り出している。タクシー乗り場を探そうと外に出るが、わからん。で、案内の人に、「タクシー乗り場はどこですか?」と日本語で聞いてみたら、あわてて日本語のできる人を呼びに行こうとしたので、「OK、OK」と止める。で、英語で聞いたら、ここで私たちが手配するというので、お願いした。タクシー会社?に電話してくれて、手配してくれたようだ。タクシーの番号を教えられて、2分でくるから、あのドアを出て左に行ったところで待っててと言う。お礼を言って、外に出る。

タクシーに乗って、台北101へ。乗ってみて、「あ、そうだった、ホテルより遠かったんだっけ、途中の駅で降ろしてもらった方が良かったかな?」とちらっと思ったんだけど、疲れてたし、タクシー代も高くないのでOKにした。335元だったかな。

でも、疲れてないなら、近くの駅で降りてMRTで行った方がいい。台湾は地下鉄もすごく安いんですよ。