読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Moon River あちこち行ってみたい

家族で国内・海外旅行。うきうきの準備から現地での様子まで。

台北13 ★パイナップルケーキと茶藝館 またね、台湾!

  パイナップルケーキは……

 

台北4日目。最終日なんですよ。早いわ~。

 

朝食のあと、2日目にコンシェルジェさんに予約を頼んでおいた1階のパン屋さんの「パイナップルケーキ」を取りにいく。なにしろ、美味しいとガイドブックにも載ってるし、あちこちのHPで紹介されているし、台湾に何度も行ってる人がイチオシ話だったので、いくつか予約しておいたんだよね。

ついでに味見用にバラで3個買ってみた。

他のところで味見させてもらったパイナップルケーキとは味の系統が違う。パイナップルケーキは2~3個味見したけど、もっと甘かった。これも甘いんだけど、それにプラスして酸味があるんだよね。他のは酸味はほとんど感じなかったし、もっと単調な?味だった。これ、確かに美味しい。それに、他のよりパサパサしてないし。(味見したのの中には、ものすごくパサついてるのもあった)

それよりも、このケーキ一つ一つを包んでる箱が12個全て違っていて、しかもどれもすごくステキなんだよ~! それが収めてられる大箱もいいんだけど。捨てたくなくなっちゃうぐらいステキ。

f:id:y-wai1030:20160805191800j:plain

 

 

ところで、今回の旅行ではほんとにこコンシェルジェさんにホントにお世話になった。オークラのコンシェルジェさんには日本人の人がいて、「あ、相談する時って日本語だとラクだな」と思った。ストレスフリーだわ。日本人じゃない人も日本語ができるので問題ないんだけど。とても親切だったし。それでも少し言語的に、う~ん、ちょっとしたニュアンスというか、ほんの少しストレスになるんだな、というのを初めて感じた。私の英語を聞き取る英語ネイティブの人は、もっとずっとストレスを感じていることだろう。

まぁ、ストレスがあったとしても、コンシェルジェというシステム?は素晴らしいと今回つくづく思った。次回、どこかに行くときにはコンシェルジュさんのいるホテルにしよう。

 

あ、そうだそうだ。パイナップルケーキと言えば……ホテルのそばのコンビニでなんの気なしに買ったパイナップルケーキで気に入ったのがありました。

全粒粉のやつで、オークラのとは味の系統がちがうんだけど(もっと姿も安っぽいけど)、これはこれでなかなかおいしかった。安かったので、いくつか買って、自分でも食べたし、友だちにあげた。なかなか評判が良くて、今度行ったらまた買おう、と思いました。

これです!

f:id:y-wai1030:20160805191517j:plain

 

 

 

 永康街でお茶を楽しむ

 

さて、なんとこの日は暑い。急に初夏のようなこの天気。

晴れてると、3月でもこんな陽気なのね。22度だそうです。台湾って、沖縄より南だもんね。

 

今日はどうするか、とガイドブック見ながら相談して、「永康街」に行こうということになった。雑貨屋さんやカフェがあるというので、楽しいかも、と。

 

まず荷物をまとめてチェックアウト。スーツケースは預かってもらう。

午後3:30の飛行機なので、2時には飛行場に着いていたいから……うん、1:30にはホテルに戻ってこなくちゃ。(松山空港は信じられないくらい市街地から近い。ホテルからタクシーで20分なんて素晴らしい)

MRTで出発!

 

東門駅から歩き出して、最初に、あ、なんか素敵、と入ったのがオーガニックの石鹸や化粧品を扱う店。私は知らなかったんだけど、「阿原(ユアン)」という有名店で、ここの商品は空港にもあったし、日本でもあちこちで買えるらしい。とてもきれいで素敵なんだよお店。

ハトムギ緑豆の石鹸を買ってきました。

使用した感想は……悪くないけど、ふだん使ってるアレッポのオリーブオイル石鹸の方が私は好きかな。ほんのすこーしぴりっとしたので、私の肌と相性が良くなかったのかも。(私は軽いアトピーの敏感肌です。金属のアレルギーもあるし、日焼けで湿疹ができたりします)

 

そこに着いた時はまだ朝10時すぎぐらいだったこともあり、人も多くなかったけど、だんだんと増えてきて、若い子がたくさん歩いている。美味しそうなアイス屋さんなどがあったりして、ショップと混じって民家もそこかしこに。うーん、下北沢系(?)の街かなあ。ちょっと違うかなぁ。

 

可愛いカフェがあったので、コーヒーをテイクアウト。お店の中の雑貨も見たりして楽しむ。

f:id:y-wai1030:20160806200933j:plain

「点心」って書いてあるから、かるい食べ物も出すってことなのかな。

 

その後、どんどんと歩く息子に着いて行ったら、あまり店のないところに。民家が多く、八百屋さんとか魚屋さんとかの生活感いっぱいの地域に出た。あの「ナツメ」もフツーに売ってました。

 

なんか疲れてきたので、ガイドブックにある茶藝館に行こうということになった。しかし、これが見つからない。もうじゅうたくちを行ったり来たりしながら、やっと見つけたのが、「小慢(シャオマン)」。見つけにく~い入り口。でも中はすてき。

 

その日は何かのイベントが行われていたようで、奥のスペースには入れず、入り口のところのテーブルで、美味しい台湾茶とお菓子をいただきました。お作法はお店の人(日本の人でした)が教えてくれて。

3人とも違うお茶をたのんだので、蒸らす時間もお湯の温度も違ったりして興味深い。

 

f:id:y-wai1030:20160805195307j:plain

これがお菓子。風情があってシブイ見た目だけど、味はいけます。

f:id:y-wai1030:20160805195426j:plain

 

はあ~、とてもおいしいねぇとノンビリしていたら、まずい、空港に行かなくちゃ!という時間。

 

あわててタクシーでホテルに帰り、荷物を持って松山空港行きのタクシーに飛び乗ったのでした。

 

 

 また来ようね

 

松山空港は、あまり大きな空港じゃないのでヒマをつぶすのには向かないかも。

私たちはそれほど早くついたわけでもなかったので、ヒマをつぶすヒマもなく、軽くお茶してたら、あっという間に搭乗の時間になった。

 

帰りはコードシェア便と言うのかな、JALなんだけど、チャイナエアラインの機体だったみたい。不思議なシステムだわ。

機内食はこんな感じ。

f:id:y-wai1030:20160805200616j:plain

 

残念ながら、疲れて半分寝ていたせいか、味はぜんぜん覚えていない。良くも悪くもなかったんじゃないかなぁ。すみません m(_ _)m

ぼーっとしていたら、羽田だった。

 

 

台湾は近い。

人もやさしいし、日本人の観光客にとても便利にできている。

ぜひまた行きたい。

台北にもまた行きたいけど、今度は、台南にも挑戦したいな。

すぐだと思うけどね!

 

 

 

 

 おまけ 羽田にて

 

羽田でトイレに入ったときのこと。ふと見たら、こんな表示が……

 

f:id:y-wai1030:20160806201923j:plain

 

羽田のトイレの便座も割れたことがあるのかなぁ?

どちらにしても、こういう表示は親切だよね。

(台北の故宮博物館にも、教えてあげたい ♪)