読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Moon River あちこち行ってみたい

家族で国内・海外旅行。うきうきの準備から現地での様子まで。

魅惑の北海道 2  国内線チケット予約サイトって……

北海道

国内線はあまり真剣に探したことがないんだけれど……前回買ったのが、すでに5年前。そのときはANAのサイトにまっすぐいって買ったはず。

今回は、台湾の時に乗れなかったLCCを試してみたいという希望があったので、ANAJALのサイトは最初から除外。で、「国内 航空券」で検索をかける。いろいろ出て来るなぁ。で、「空旅.com」というサイトに行ってみた。

 

おお~、すごい。今からでも席がとれそう。というわけで、行きと帰りの便を指定して申し込みをしたら、すぐに申し込み受け付けましたメールが来た。

ところが、その後、約2時間後に電話がかかってきた。「帰りの便が予約が埋まってしまったのでとれない。前後の便の空きがあるところにかえますか?」というもの。うわ~、めんどくさ。しかも、変えるとなると少し高くなるし。

この電話の人はとても感じのいい人で、なんとか最善策をたててくれようとしたんだけど、私は落ち着いて考え直そうと思って、「行きの便だけお願いします」と言って電話を切る。その後、行きの便の予約確認書と支払い方法が書かれたメールが来た。

 

私の予約しようとした便はスカイマークだったんだけど、私が空旅さんにアクセスして、空旅さんの係りの人が申し込みを受け付けた順にあちこちの航空会社の席を予約するというシステムらしい。順番を待ってる間に席が埋まったと言っていた。これって、私が申し込んだ時とむこうの処理の間のタイムラグがあるから起こったことなので、仕方ないのよね。でも、ちょっとがっかりしてしまった。

それより、「自分たちで申し込み順に手作業で各航空会社にアクセスしてチケットとってたのかぁ」とびっくりしてしまった。

 

だったら、直接アクセスしてみればいい。そしたら、タイムラグないし。

と、スカイマークのサイトで見てみたら、確かに乗ろうとしてた便はいっぱいになっていた。そして、空旅さんの電話の人が言っていたように、その前後で空きもあった。うん、確かに。

ただ違っていたのは……空旅さんより安かった。これは、チケット代が安いんじゃなくて(これは同じ)、手数料がかからないってこと。あらこれもびっくり。

 

以前に海外便のチケットをJTBで予約したときのこと。

まず店舗で予約しようとしたら、「同じものがJTBのHPで買えます。そうすると、手数料がかかりませんよ」と言われて、オンラインで買ったことがあったので、オンラインだと手数料がかからないような気がしていたんだ。うん、普通の旅行会社の店舗で申し込みをしてとってもらうのと同じなのね。

 

考えたら、国内線は5年前の沖縄の時もANAのHPで直接買ったし、旅行会社をあまり使わなくなっていたので、ピンとこなかったよ。「空旅.com」さんは旅行会社と同じ立ち位置なわけね。

でも、当然よね、じゃなきゃ、会社がやっていけないから。自分であっちこっちの航空会社のサイトを一つ一つ訪れて探す手間を省けるんだから、便利なサイトだよ。行きと帰りの航空会社を別のにしたりするのにはいい気がする。

 

しかし、同じ航空会社のチケットを2カ所で買うのは面倒なので、空旅さんのはキャンセルにして、往復ともスカイマークのサイトで買うことにした。(結局、行きの便も、最初に予約した便より時間を遅くした)

 

・2016年08月10日(水) SKY 705便
 羽田 発 08:20 → 新千歳 着 09:55 いま得 2人分の合計 50,380円

・2016年08月12日(金) SKY 720便
 新千歳 発 16:15 → 羽田 着 17:50 いま得 2人分の合計 27,580円

 

同じ飛行機なのに、行きと帰りでこの違い。信じられないわ~。これでもとっても安かったんだよね。

 

ついでに、席の指定もしておいた。並び席でとれたので良かった。ばらばらに座るのも覚悟してたので。やっぱり、直接サイトで買うのはラク。

 

結局、「空旅.com」で空きを検索して、直接航空会社のHPで買ったことになる。最初からそうすれば便利だとは思う。でも、空旅さんのもうけがなくなっちゃうけどね。

JTBとかで検索すると、LCCは出て来ない。元々の値段が安いのでマージンとれないからかなぁ? 

久々に国内線のチケットを買ってみて、いろんなことを考えたよ。