読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Moon River あちこち行ってみたい

家族で国内・海外旅行。うきうきの準備から現地での様子まで。

魅惑の北海道 11  もっと白老~! その1

 

  白老には海の幸も和牛もあるのだ

 

さて、今回の旅のメイン、お義兄さん宅がある白老へ向かう。

 札幌市街地を高速でガーッと行くので、速い速い。

しかし、なんだか違和感。 

札幌の街中というか、住宅やビルがたくさん立ち並ぶところを、なぜこんなにまっすぐな高速が通ることができるのか?

首都高とはエライ違いだ。

道路が先にできて、その後市街地が発展したってことなんだろうか??

高速が通る土地を買収して作ったと考えるにはムリがあるよね。 

 

到着!したのは海岸沿いの店。 

 

f:id:y-wai1030:20161116191908j:plain

 

◇ 北のランプ亭

 〒059-0642北海道白老郡白老町字竹浦116-12 Tel. 0144-87-6777

 

海鮮プラス牛肉の炭火焼ですよ~!! 

予約してくれてたようです。

けっこう人気の店みたいなので、行くときは予約が必要なのかも。

 

白老というところは、苫小牧と登別の間にある海沿いの町。

海沿いだから、お魚はもちろんなんだけど、なんと「白老牛」も名産品なんですよ!

 

出てきたのは垂涎モノのアレコレ。

f:id:y-wai1030:20161116190708j:plain

 

うん?知らない魚もあるなぁ。

ハッカク(八角)というお魚は初めて食べた。スパイスじゃないのよ、魚の名前です。白身でおいしくてびっくり。高級魚なの? 旨味がすばらしい。 

ホッキ貝も美味しい〜! 私、ホッキ貝って、初めておいしいと思った。

今まで食べたことはあっても、印象に残ってなかったね。

そして、ここでもウニを堪能。う〜っ、北海道は天国?

 

お肉もおいしい。

え、なんなの?炭火焼きのせいなの?

私、お肉とお魚だったら、たぶんお魚の方が好きだと思うけど、牛肉もいいわぁ~と思えるものでしたよ。

f:id:y-wai1030:20161116190811j:plain

 

もうお腹に入らない~とうなるほどいただいて、お義兄さん宅へ。

 

 

 快適な一夜のあとは、海の幸の和朝食

 

姪っ子ちゃんのこだわりいっぱいのお家に到着。

玄関入る前からすべての雰囲気が統一されていて、とっても可愛いおうちです。

 

しかし快適な一夜だった~。

だって、夜から朝まで涼しいの。

毎朝、汗だくで起きる東京と比べたら素晴らしい夏の夜と言えるよね。

 

お義姉さんの朝ご飯は、和食。

うわ~、贅沢! 朝から海の幸が……!!

料理上手なお義姉さん、いいなぁ。

もう帰りたくない(なに、甘えてるんだ!)。

 

ところで、昨日、帰るときに近くのローソン(海沿い)に寄ったら、入り口のところにサンルームのようなものが着いている。????

こはなんぞや?

海沿いだから、大時化のときなんかの波よけ? それとも大雪のときの対策?

このローソンだけじゃなく、この辺の家にはけっこうあるじゃないですか。

 

聞いてみたら、「風除室」というのものだそうです。

「え、そっちにはないの?」というので、「見たことない」と答えるとびっくりされてしまった。

まぁ、玄関前にゆとりがあるってこともあるよね。