読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Moon River あちこち行ってみたい

家族で国内・海外旅行。うきうきの準備から現地での様子まで。

魅惑の北海道 13  新千歳空港はテーマパークの様だった

♥ お土産買い足しは空港で 楽しかった北海道旅行もそろそろおしまい。 飛行機の時間が迫って来たので、新千歳空港へ移動する。お義兄さんたちも見送りにと一緒に来てくれた。 まずチェックイン。 スカイマークのカウンターは一番奥で遠い~。 どっかの高校の…

魅惑の北海道 12  もっと白老~! その2

♥ ちょっと白老観光 午前中はお義兄さんの家でゆっくり。お話も尽きないし。 で、お昼ごはんに行くことに。 その途中に、「ポロトコタン」に寄る。ポロト湖のほとりにあるアイヌの里だ。 もちろん人が住んでるわけじゃなくて、アイヌの歴史や文化を学ぶため…

魅惑の北海道 11  もっと白老~! その1

♥ 白老には海の幸も和牛もあるのだ さて、今回の旅のメイン、お義兄さん宅がある白老へ向かう。 札幌市街地を高速でガーッと行くので、速い速い。 しかし、なんだか違和感。 札幌の街中というか、住宅やビルがたくさん立ち並ぶところを、なぜこんなにまっす…

魅惑の北海道 10 小樽で shopping を考えた

♥ やっぱり素敵! 石造りの町並み さて、その後は小樽へ。 小樽は2回目なんだけど、前回(10年前?)は時間がなくて、さーっと歩いただけで、しかもほとんど覚えてないんだよ~。だからまた行きたいと思っていたのでした。 まずは有名な小樽運河沿いを歩き…

魅惑の北海道 9 ニッカウヰスキー「余市蒸留所」でウイスキーを見て楽しむ

つぎは、余市に移動。 NHK朝ドラの「マッサン」の舞台だったニッカウヰスキー「余市蒸留所」に行くためなんですねぇ。 ◇ ニッカウヰスキー「余市蒸留所」 〒046-0003 北海道余市郡余市町黒川町7-6 Tel. 0135-23-3131 http://www.nikka.com/distilleries/yoic…

魅惑の北海道 8 積丹半島で憧れのウニ♥

♥ カントリーサインって? 朝8時前にホテルを出発。 今日は私たちの希望を取り入れて、姪っ子ちゃんが1日ツアーを組んでくれた。どんな感じかなぁ、とワクワク。期待が高まります。 まずは積丹半島までウニ丼を食べに行くという。 地図を見たら、遠そう。え…

魅惑の北海道 7 「しこつ湖鶴雅リゾートスパ 水の謌」で非日常を楽しむ

今夜泊まるのは、支笏湖のほとりに建つ「しこつ湖鶴雅リゾートスパ 水の謌」というホテル。 車を降りて左側にある建物がレストラン。ここで食事をとるらしい。 そして右側が宿泊棟とのこと。「水の謌」という名前にちなんで(?)、ホテルの宿泊棟に行く道の…

魅惑の北海道 6 洞爺湖で癒やされる

♥ 洞爺湖といえば……サミットとわかさいも 北海道に行く前に、「どこか行きたいとこある?」と聞かれたとき、なんとなく千歳からいけそうなところを探していて思いついたのが洞爺湖。 なんでかというと……そうですよ、「洞爺湖サミット」。サミット自体が印象…

魅惑の北海道 5 社台の競走馬と有珠山

♥ 新千歳空港から高速にのる 10年ぶりの千歳空港。 しかし、こんなにでかい空港だったけ? え、新千歳空港? 2010年に国際線ターミナルビルができて、2011年に国内線ビルと国際線ビルをつなぐ商業施設ができたんだそうな。なんだか、以前に来た時とは全く別…

魅惑の北海道 4 羽田の駐車場と初LCC

♥ 駐車場は早朝以外は停められないそうです 今回も車で羽田に向かう。羽田空港の駐車場を予約しようと思ったけど、もうすでにいっぱいでどうにもならない。そりゃそうでしょ、お盆周辺ですからね。 でも、前回台湾に行ったときに空港の駐車場に車を置いてで…

魅惑の北海道 3  ホテルはちょっと贅沢に

次はホテル。 1泊めはホテルに泊まって、2泊目はお兄さんの家に泊まろうと思っている。2泊お世話になるのも申し訳ないし、北海道のホテルにとまってみたいのもあるし。 今回はとてもたのもしい助っ人がいたのだよ。お義兄さんの娘さん、そう姪っ子ちゃんに…

魅惑の北海道 2  国内線チケット予約サイトって……

国内線はあまり真剣に探したことがないんだけれど……前回買ったのが、すでに5年前。そのときはANAのサイトにまっすぐいって買ったはず。 今回は、台湾の時に乗れなかったLCCを試してみたいという希望があったので、ANAとJALのサイトは最初から除外。で、「国…

魅惑の北海道 1 ウニは夏がおいしいんだって

5月ごろ、「北海道、どうする?」と聞いたときは、「そんなの今考えられないよ」と忙しさにかまけてむすっとした顔で答えた夫。 「北海道の(夫の)お兄さんのところに遊びに行こう!」という企画?はここ数年ずっと悲願だったのだが、なかなか実行に移せな…