読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Moon River あちこち行ってみたい

家族で国内・海外旅行。うきうきの準備から現地での様子まで。

魅惑の北海道 7 「しこつ湖鶴雅リゾートスパ 水の謌」で非日常を楽しむ

北海道

今夜泊まるのは、支笏湖のほとりに建つ「しこつ湖鶴雅リゾートスパ 水の謌」というホテル。

車を降りて左側にある建物がレストラン。ここで食事をとるらしい。

そして右側が宿泊棟とのこと。「水の謌」という名前にちなんで(?)、ホテルの宿泊棟に行く道の横は水路になっていて、とても美しい。

 

 (すいません m(_ _)m、ひたすらのんびりしていて、写真撮るのを忘れました)

 

ここは土禁のホテル。ホテルだけど、靴を脱いであがるところといい、ちょっと和洋折衷っぽい。好きだけどね。

チェックインする前に、ラウンジにすわるよううながされ、ウェルカムドリンクをもらう。ハスカップのお茶で、冷たくてほんのり甘い香りでおいしかった。

リビングのようなラウンジには真ん中でストーブ?だったかな、があって、いつでも焼きマシュマロが食べられます、とのこと。(下の写真。ホテルHPより)

それから、夜食にうどんもあるとかバーのこととか、いろいろサービスがあるらしい。そんな話をされた。

 

 

今回も、露天風呂(温泉)が部屋についているというので、楽しみ! 「スパガーデンコート」というタイプの部屋らしい。部屋の外にデッキがあって、そこに小ぶりの露天風呂が! デッキが広くて素敵。

部屋はベッドだけど、和洋折衷な感じのデザインで、ああ、これは外国の人も好きかもしれない、と思った。

コーヒーなどの飲み物やアメニティも完璧。すばらしかったです。

 

f:id:y-wai1030:20161004184956j:plain

 

 

夫は、まず部屋についているシャワー室で身体を洗ってから、露天風呂に入るという。

え? 私は大浴場に行きましたとも! 露天風呂は大きいし、室内のお風呂だって大きいのは気持ちいい。部屋はこんな感じ。手前にリビングがあります。

 

部屋の露天風呂も、広いデッキが素敵だったので、寝る前に入った。夜の涼しさを感じながらお風呂を堪能しましたよ。ああ、なんか非日常って感じがたまらない。

(しかし、浴衣の代わりに作務衣がおいてあって、それを着て食事なんかに行ったりしてもいいことになっているんだけど、女の人にはあまり可愛くなくて、いただけない。ラクでいいとは思うけど)

 

夕飯はビュッフェ形式。

お肉、お魚、どれもおいしくて、食べすぎました。ビュッフェなんだけど、メイン料理が一つあって、その日はホタテのリゾットでした。これもおいしかった~!! 夫はステーキがおいしかったと言ってました。うんうん。

 

たくさん食べて、お風呂も楽しんで、その日は寝心地のいいベッドでおやすみなさい。ぐっすりでした(夫のいびき対策グッズもしっかり持ってきてたしね!)。朝も早かったしね~。

 

朝8時に迎えに来るというので、7時には朝食の席に。

私はふだん、あんまり朝食は食べないんだけど……。

和風ビュッフェで、小さいダッチオーブンで炊いたごはんが各テーブルにダッチオーブンごと配られて、これがとってもおいしー!

ついついおかずも食べましたわ。海の幸が多くて、ぜいたくな感じ。

f:id:y-wai1030:20161004185118j:plain

こんなダッチオーブンがテーブル毎に配られるんですよ~。

 

さて、食後のフルーツを食べているとLINEが。

7時45分。えっ?! もう着いた?

まぁ、ほぼ食べ終わっていたので、さっさと席を立ち、部屋に戻って荷物を片付けて(ほとんど片付けてあったけど)、チェックアウト。

あわただしい出立だったけど、なんとなく気分はゆったり休めて良かった!

いい宿でした~ (o^-')b